ブログ

2019年新年あけましておめでとうございます


2019年あけましておめでとうございます!

お正月から一里野高原ホテルろあんは元気に営業中です◎
立ち寄り入浴も夜20時まで営業中。白山比咩神社への参拝後やスキー場の後に是非立ち寄りくださいませ。

d616f5a4b0cd619a2a5eee83179d4916_s

~*~*~*~*~*
ろあん代表より皆さまへ新年のご挨拶

昨年は大雪と共に開けた年でしたね!
金沢も凄い豪雪で大変でしたが一里野はとにかく冷え込みの激しい冬でした!

そんな豪雪の折、昨年よりろあんで飼ってたヤギの『タンポポ』が穴水に里帰りしてた牧場から『三つ子』が生まれたとイラスト入りのはがきが届きました!!
山羊は通常は2匹生むと聞いてたのが三つ子!
ホットなニュースに雪が溶けたと同時に穴水からやって来た母親と3匹の赤ちゃんヤギ達!ろ
あんがまた一段と賑やかになりました!
たまに脱走して、自然栽培農業をやっている畑の中に入って、作物を食べてしまったりして、いろいろと大変でしたが、一里野のあちこちに放牧して、その愛らしい姿に一里野に来た皆さんが大変喜んでくれました!

P1070137
 

 

5年目になるグランピングは新たなステップがありました。
『グランピングウェディング』をしたいとの依頼があり、ろあんとして、初の結婚式を受け入れることになりました!40名様のグランピングということでお食事はBBQグリルやダッヂオーブンを使ったもので、ジビエもふんだんにという新郎新婦様のリクエストに合わせて、特別にコースを作成!
小雨でも実施できるようにと40名様が入れるテントやタープを設営したのですが、当日は大変な土砂降りに!急遽、ロビー挙式と古民家移築のお食事処での披露宴となりましたが、デコレーションも素晴らしく、これがとっても素敵な感じになりました!また、今年も春にグランピングウェディングの予約が入っております。
今後もどんどんウェディングを行えたらと思っております!

P1090707
 

3年目に入った『自然栽培』農業は今年も猿にやられ、飼っているヤギにまで食べられる始末…。
しかし、今年からついにろあんよりちょっと離れた場所に広がる『耕作放棄地』を耕し始めました!一里野の全面積の半分ほどを占める広大な耕作放棄地には山崎家が所有する土地もあります。
一里野開発がなされてから40年間放置されてきました。ここを40年の時を経て、再び耕し始めたのです!その地には『アマドコロ』というアスパラガスのようなとっても美味な山菜が沢山生えていました。
それは残したいということで一箇所に集めたら、立派なアマドコロの畑になりました!耕したところには『生姜』を沢山植えました!
お陰様で秋には沢山の生姜が採れ、これをお客様に様々な形で提供していきます。来年用の種生姜もとってあります。

4年目に入った養蜂は昨年、『フローハイブ』という世界的な発明の巣箱を使って、何とか冬越が出来ました!
ろあんとして、初めての冬越し成功です!あの30年に一度の大寒波と大雪を乗り越えてくれました!
そしてフローハイブを使って養蜂体験の受け入れを行いました。レバーをひねるだけでトロ~リと出てくる蜂蜜に参加者の方も大喜び!
そして近くで養蜂をされていた方がやめるということになり、その巣箱をもらって欲しいと!
なんと30箱もの巣箱をもらうことになりました。
しかも、その巣箱の中には蜂蜜が残っているものも沢山ありましたが、それも絞るのが大変だから、それごと全部もらってくれという話でした!本当にびっくり仰天な話でした!お陰様でろあんは蜂蜜長者になってしまいました!

P1100166
岩間温泉山崎旅館では秋に全国龍馬会の北陸三県大会が執り行われました。
私自身が『龍馬がゆく』を読んで感銘を受け、この金沢龍馬会に所属したことから、このような素晴らしい大会があのような山奥で開かれることになりました!
当日はあの『勝海舟』の玄孫の方の講演があり、熱心な熱い皆さんとともに、夜遅くまで龍馬会らしく、酒を友に話あかしました。

▽姉妹旅館岩間温泉山﨑旅館
https://www.iwama-onsen.jp/

国連が世界で推進するSDGsの未来モデル都市に選ばれた白山市。
一里野はユネスコの世界エコパーク。
その一里野で持続可能なエネルギー生産!
昨夏に開校した『金沢国際高専』の皆さんと一里野にて『バイオマス発電』を誘致する取組みを進め、ろあんにおいても、先進機器としての『薪ボイラー』を導入!アラブの重油ではなく、白山のサステイナブルな資源を使い暖房や給湯を!
現在ろあんでは原木を薪割りの日々。
里山資本主義の一環としてついに林業を!薪はグランピングに導入する『ピザ窯』でも使用。
ろあんでは『里山の暮らしの六次産業化』を掲げて、昔ながらの暮らしの中に合理性を見出し、現代の科学技術と融合し、加工、販売までを行うもの。
猪年の今年も突進して挑戦し続けます!乞うご期待下さい!

P1110591
こういった取組みを行う背景には現在ろあんが掲げる「里山の暮らしの6次産業化」があります。昔ながらの暮らしの中にこそ、合理性を見出し、最新の科学テクノロジーや情報技術などと融合しながら、昔ながらの暮らしを再現し、それから加工、販売まで繋げるというものです!この思いに賛同する方々、是非、一里野にお越しください!共に取り組みましょう!

6年めに入ったホワイトリングは白川郷ツアーを2名だけでも予約確定にて、受け付けることにしました!当日になっても、お客様が増えず、2名だけでもツアーを実施するということです!
大赤字になる可能性もありましたが、お客様の便宜を考え、踏み切りました!
最初の内は芳しくありませんでしたが、お陰様で昨年を大きく上回る人気になり、そして凄いことになりました!『ベルトラ』という、このようなオプショナルツアーを販売する会社では最大手の会社には全国で2715ものツアーが登録されています。
その中でホワイトリングの白川郷・五箇山ツアーがなんと2位になったのです!
口コミアンケートの点数も50位くらいに入っております!海外のお客様もどんどん増えてきました!
今年はもう一歩踏み込んで、より多く皆様に楽しい旅行を提供出来ればと思っております。

▽ホワイトリングバスツアー
https://whitering.co.jp/home_jp.html

そうそう!ファスティング合宿も取り組みました。
断食です!ヘルシーで美味しい料理が自慢のろあんが何故?と思うかもしれませんが、ファスティングを行うことにより、お客様により健康になってもらえるという観点での取組です。
良い栄養を摂るよりも適切に断食を行ったほうがより健康に良いということを学びました。

今後もこのような皆さんが元気になれる取組みを行っていきたいと思っております。
なんと言ってもろあんは皆さまに元気になってもらうことをミッションとしています。
白山の大自然の恵みをお客様に享受してもらうことが私達の仕事です。
これにより、日々の仕事や都会での生活で心身ともにストレスを受けているお客様が癒やされ、笑顔になって、元気になり、そして、若々しく、美しくなる!
そして、明日からまた頑張れる!
そんな風になって頂けたら、私達としても嬉しくてたまりません!
一つでも多くの笑顔を作るために猪年の今年も私達の突進のような挑戦は続きます!

 

まだまだ大きな隠し玉も持っています!

ろあん、山崎旅館、ホワイトリングの今後に乞うご期待下さい!

代表取締役社長 山崎 太一朗

金沢・白山・白川郷観光に便利な温泉宿なら【一里野高原ホテルろあん】へ。

ページ上へもどる